暮らし

その捨て方は間違っているかも!?今更聞けないブラジャーやショーツの処分方法

こんにちは、処分したい下着があるのに放置している、ズボラ主婦いかさんです!

古くなった下着ってどう処分していますか?どんなにお気に入りの下着で丁寧に洗濯して形を整えて干していても、いつかは寿命が訪れますよね。

私は処分方法を調べることを後回しにしていたら大量に処分したい下着が溜まってしまいました。

今回は、下着の処分方法を調べてみました。

ブラジャーやショーツの処分方法が分からない方は、是非参考にしてくださいね。

家庭の資源ごみとして処分

一般的な下着の処分方法は、新聞紙や紙袋に下着を包んで見えないようにして、他のごみと一緒に捨てる方法。

しかし、そのままの状態で捨てるのは、なんだか躊躇してしまいますよね。

そんな時は下着をハサミで細かく切ってから、新聞紙や紙袋に入れて、他のごみとまとめて「資源ごみ」として処分することをおすすめします。

下着は90%以上が布なので、資源ごみでOKです。

ただ、ブラジャーのワイヤーとフックは「不燃ごみ」になりますので分別が必要です。

ワイヤー部分を取り出すには、ワイヤーが入っている端の部分をハサミで切り込み、押し出せば取り出すことが出来ます。

ホック部分は、糸を一本ずつ切って外す作業を行うことになりますが、少し手間が掛かりますよね。

ホックが付いている部分の布ごと切り取って不燃ごみとして処分しても問題ないようです。

ショーツも、布になりますので可燃ごみとして処分しましょう。

店舗の回収キャンペーンに参加する

私は初めて知ったのですが、下着ショップで回収してくれるお店もあるようです。

有名なワコールやピーチジョン、トリンプ店舗では下着を回収して、リサイクル運動をしています。

参加方法はとっても簡単で、ワイヤーやホックを取り外す手間もかからないのでおすすめです。

まずは、対象店舗にて下着回収用のバッグを受け取りましょう。

着なくなった下着を専用バッグに入れて、店舗へ持ち込みます。

私たちが行うステップはこれだけです!簡単ですよね?会社によっては、クーポン券と引き換えに不要な下着を引き取ってくれる所もあるようです。

そのあと、下着を回収した店舗から契約している処理工場へ送られます。

「PRF」という新エネルギー燃料に生まれ変わり、PRFを燃料とする製紙会社で活用されます。

手軽にエコな取り組みが出来ちゃう訳です!

補足ですが、PRFは燃料効率が良く、石炭と比べてCo2を約30%も削減できることから、環境にやさしい再生燃料として今、注目を集めています。

下着メーカーが販売するだけでは終わらない、使い切った後までアフターケアしてくれる素晴らしい取り組みですよね!

ただ、常時、回収キャンペーンを行っている訳ではなく、期間が決まっているようです。

是非、お近くの下着ショップ情報をしらべてみてくださいね!

最後に

下着の処分方法は大きく分けて、2通りあることがわかりました。

「どうせならエコな活動がしたい!」と思ったのですが、回収キャンペーンは現在行っていなかったので、今回は資源ごみとして処分することにしました!

次回タイミングが合えば、近くの実施店舗を確認して下着回収キャンペーンに参加してみようと思います!

最後まで、ご覧いただきありがとうございました。