〜2022/11現在 サイトリニューアル真っ際中!!!デザイン崩れてます泣〜
キャンプ

キャンプでの焼き芋作りは何分焼くのが正解?失敗しない為の注意点も紹介

キャンプ

寒い時期に食べたくなるホクホクの甘〜い焼き芋。

キャンプで食べると、その美味しさは格別ですよ。

この記事では、キャンプでの焼き芋の作り方を画像付きで紹介しています。

ぜひ、参考にしてくださいね!

キャンプでの焼き芋作りは何分焼くのが正解?

キャンプで焼き芋を作るには、焚き火にさつまいもを入れてじっくり焼く必要があります。

まずは、簡単にザッと手順を紹介しますね!

焼き始める前に、さつまいもを

  1. 濡れたキッチンペーパーで包む
  2. その上からアルミホイルで包む

上記の工程をしましょう。

そのあと焚き火に入れてから、

  1. 20分間焼く
  2. さつまいもを裏返して、さらに20分間焼く

合計40分間ほどじっくり火を通すと、ねっとり甘〜いホクホクの絶品焼き芋が完成します。

キャンプでの焼き芋の作り方

ここからは、画像付きわかりやすくキャンプでの焼き芋の作り方を紹介します。

用意するもの

  • さつまいも
  • キッチンペーパー
  • アルミホイル
  • 焚き火または薪ストーブ

さつまいもは、太過ぎると火の通りが良くないので、平均的なサイズがおすすめ。

キッチンペーパーは、さつまいもを丸々包めるように、1本につき1〜2枚使用します。

アルミホイルは、丈夫な厚手タイプだと破れる心配がないですよ。

キャンプでの焼き芋作りは、焚き火に投入して焼くことが多いかと思いますが、今回は我が家のNEWギアである「ロマンチカル薪ストーブ」を使って、説明します!

手順1:さつまいもを濡れたキッチンペーパーで包む

まずは、キッチンペーパーでさつまいもを包みましょう。

キッチンペーパーでさつまいもを包んでから、水をかけると破れることがなくスムーズです。

水滴が垂れるほどガッツリ濡らしましょう!

水分が足りないと、蒸らしが足りずパサパサした食感になる可能性も。

手順2:アルミホイルで覆う

その上から、アルミホイルで隙間なく覆いましょう。

さつまいもの形が分かるくらいに、ぎゅっと巻きつけるのが美味しい焼き芋を作るコツ。

可能であれば、厚手タイプのアルミホイルだと破れにくくておすすめですよ。

大切な水分を逃さないように、アルミホイルは隙間なく!

手順3:焚き火に投入する

今回は薪ストーブで挑戦!手順は変わりません。

キャンプでの焼き芋作りの下準備が完了したら、いざ焚き火へ投入!

焼き芋を焼く時の適切は温度は、約200度以上と言われています。

わざわざ焚き火で温度を測る必要はありませんが、炎(火力)が安定してからさつまいもを投入しましょう。

手順4:片面20分間ずつじっくり焼く

さつまいもを焚き火に投入したら、まずは20分間動かさずにじっくり待機

タイマーの掛け忘れに注意してくださいね!

20分経過したら、さつまいもをひっくり返しましょう。

さらに20分間待機したら、ホクホクの甘〜い焼き芋が完成しますよ。

まんべんなく火を通すことで、バランスよく焼けた美味しい焼き芋に近づきます。焚き火に近づく時は火傷にご注意を!

絶品焼き芋の完成

じゃーん!!!

キャンプでの焼き芋作りは大成功。

夕飯のあとに、2人で美味しくいただきました〜!

キャンプでの焼き芋作りは何分焼くのが正解?失敗しない為の注意点も紹介:まとめ

さつまいもさえ準備できれば、必要なものは家にあるものですし、手順も簡単なので、ぜひ次回のキャンプで挑戦してみてくださいね。

キャンプでのお決まりメニューになること間違いなし!

最後までご覧いただき、ありがとうございました〜!

]]>

コメント

タイトルとURLをコピーしました